2014年12月22日

炭酸水 効果 NHK ためしてガッテン

炭酸水 効果 NHK ためしてガッテン
最近では炭酸水のいろんな効果が注目されていてNHKでも放送されたりしています。

つい最近では、ためしてガッテンで炭酸について取り上げられていました。

炭酸を体内に取り込むには、やはり炭酸水が使いやすくて、飲んだり、肌に塗ったりして利用します。

試してガッテンでは、昔、コーラを飲みすぎると骨が溶けるという変な情報のせいで、炭酸は人体に悪いものだと

理解されていたりするのですが、それは長時間、炭酸水に漬けていた結果なので極端なケースなのです。

普通に炭酸水を飲むのに、骨に直接かかることはなく、歯に少し接するくらいです。

それで溶けることはありません。

炭酸水を皮膚につけるとその部分だけが赤くなるのですが、それは、血行がよくなっているからです。

体内に炭酸が入ると、人体が酸欠状態だと判断して、血管が拡張して血流がよくなるのだそうです。

結果的に壊疽が治ったりするそうです。

そんな仕組みを理解できると安心して炭酸水を飲むことができますね。

しかし普通の炭酸飲料は糖分が多いので、糖分の取りすぎにならないように気をつけないといけませんね。


炭酸水をつくるには
炭酸ガスを使用しないで炭酸水をつくる方法は、重曹とクエン酸を混ぜる方法があるのですが、

混合する比率によって酸っぱかったり苦かったりするので、飲用水にはしないほうがいいのです。

しかし、その炭酸水は成分は炭酸入浴剤みたいなものなので、洗顔なとにりようするのなら問題なく使えるでしょう。

重曹とクエン酸は100均ショップなどで買えるのでコストパフォーマンスは高いですね。

ソーダストリームのような製造機を買う前に試してみてもいいでしょう。

炭酸水を飲むためにつくるのなら、ソーダストリームのような製造機のほうがおいしい炭酸水ができますね。

ソーダストリームもいろいろありますが、本体部分のデザインや材質が違っていて、

炭酸ガスボンベなどの消耗する部分は同じです。

しかし、炭酸強度やボンベ内のガス残量メータを搭載した機種なんかもあります。

炭酸水メーカー ソーダストリーム ソーダスパークル
炭酸水メーカーが欲しくなってくるとソーダストリームとソーダスパークルはどう違うのか、
どっちを買ったらハッピーになれるのかと色々考え込んでしまう毎日になるのかもしれません。

ソーダストリームで炭酸水をつくるとボンベ1本で標準では60リットルつくれて、2100円かかります。

また製造量は付属の専用ペットボトルなら1L単位でつくることができます。

別売りの0.5Lの専用ペットボトルもあります。

炭酸添加量でま弱炭酸から強炭酸まで炭酸の強度を自由につくれます。

連続して強炭酸なら30Lぐらいしかつくれませんが、弱炭酸だったら、規定以上の量をつくることができるでしょう。

ソーダスパークルは小型ボンベを使用して、作るたびに全量使用で使い捨てになってしまうようです。

製造量は使うソーダスパークルの容量単位で決まり、添加量は小型ボンベ単位で追加していくのでしょう。

ソーダサイフォンの方が製造単価が高くなるのではないでしょうかね。

ソーダスパークルでは炭酸の強さは作り方によって大きく変わるようで、冷水を使ったり、

水の量を少なくしたり、ちゃんと手順を守ってつくると中炭酸もつくれるようです。

炭酸水 ウィルキンソン
炭酸水といえば、ウィルキンソンの炭酸水も気になりだしたらしょうがないですね。

ウィルキンソンには硬度についての記載がないのですが、

水に二酸化炭素を溶け込ませる方法で造られているので化学反応を利用して造る炭酸水よりも酸味や塩味がありません。

ゲロルシュタイナーやペリエよりも硬度も高くないような気もします。

炭酸ガスの刺激があることで、すこし酸味を感じるのですが、ミネラル分による酸味ではないようです。

成分表にはミネラルウォーターなら含まれているようなナトリウムがないことから、精製水を使っている可能性があります。

普通はナチュラルミネラルウオーターならば必ず採水地を表示してあるのですが、

ウィルキンソンの炭酸水の場合は「原料加工地」と「元原料産地」だけ表示されているので、

たぶん天然の炭酸水ではないのでしょう。

加工地を明記しているので炭酸水にするための加工がされているのではないでしょうかね。

posted by 関心日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: