2014年12月23日

コストコ おすすめ ランキング 2015

コストコ おすすめ ランキング 2015

コストコといえば品揃えが豊富なのでおすすめ商品のランキングを参考にできれば2013年も節約生活ができそうですね。

コストコというのは、本社がアメリカにある会員制の倉庫型卸売小売でウェアハウス・クラブと呼ばれる業態をチェーン展開しているのです。

商品が入荷した状態のパレットに乗ったものを大きい倉庫に並べる陳列で販売して、業務管理や商品陳列にかかる経費を徹底的に減らしていって激安価格を実現していこうというお店です。

世界規模でチェーン展開していこうとしていて、アメリカでは425店、カナダで81店、メキシコで32店、イギリスで22店、韓国で7店、台湾で9店、プエルトリコで4店、オーストラリアで3店ぐらいはあるので、日本じゃなくても海外旅行に行ったときでも、コストコを利用できるので知っておいても損はないでしょう。

毎日の家計を節約したい主婦層にも人気で、食品のおすすめ商品も豊富なのが特徴です。

たとえば、国産品さくらどりのもも肉なんかは、2400gで2000円前後の価格で、8枚ぐらいはいっていて解凍品じゃないので色もきれいで味もジューシーな鶏肉があります。

これは普通に焼くだけでも美味しくて、そのまま袋ごと冷凍できるので便利なものです。

そして、国産の豚肉バラのうすぎりなんかは、100gで120円ぐらいからの値段で、うすぎりじゃなくて厚切りのバラ肉で普通のバラ肉よりもうま味が濃い感じが好評です。

押さえておきたいのがプルコギビーフで、100gで100〜140円ぐらいで買えるのですが、これはもうコストコの代名詞と言えるぐらいの商品でコストコが特集されるとディナーロールと同じくらいによく取り上げられているのです。

内容は、薄切りになった牛肉と玉ねぎを甘いたれで漬けこんだもので、そのまま炒めることもできますが、ちょっと工夫を加えて肉じゃがなんかにしてしまうこともできて応用がきく商品ですね。

自分で小分けにしておいて自宅の冷蔵庫で冷凍保存しておいてもいいのかな。


コストコの会費
きのう、らの刻にラーメンを食べに行ったのでした。シンプルなしょうゆラーメンにからし味噌を入れてみたら刺激的になってのでニヤニヤしていると、隣のおじさんが何度もくしゃみをしていました。

そのおじさんは、一度はコストコで買い物をしてみたいと思っているのだが、会員の友達も近くにいなくて一緒には行けないのだが、最初から会員にならないといけないのかどうかよくわからなくて思わずくしゃみを何度もしてしまったと言うのだ。

つまりは、コストコが自宅からかなり遠くにあって、これからも会員になるようなつもりはないのだけれど、お試しに買い物ができるのなら行ってみたいというのだ。

うん、ぶっちゃけ原則では非会員だけで入ることはできないんだけど、

入会してから1年未満の期間で退会してしまえば、払った年会費の4,200円が返金される仕組みなんだな。

だから、とりあえず、年会費を払ってから1年たつ頃に結論を出してもいいんだな。

まあ、払った後にコストコが倒産してしまったら返ってこないと思うけど、それはめったにありえないよね。

コストコの店内の構造というのは店舗によってそれぞれ違うもので、商品単価は安いけど量が多くて、いろいろ買ってしまうと結果的に高価になるんだな。

そしてコストコではクレジットカードは使えないので、カード払いでポイント狙いとかはできないんだな。

ただし、コストコオリコカードと、アメリカンエクスプレスは使えるけどね。

すると、そのおじさんは、1度退会してお金返ってきたらまた入会してまた1年たつ前に退会してそれを繰り返したらどうなるのか盛り上がってきたね。

まあ、それは自分で試してみたらいいんじゃないかな。

コストコの食品

コストコの食品の品質はとてもいい感じで生鮮食品も美味しくて、イトーヨーカドーで買い物するより安くなるばあいもあるけど、量が多いので、一度に払う金額も高額になりがちですね。

大量に買ったとしても、小分けにすればラップして冷凍して、何週間も持たせられるし、

その分は買い物に行かなくて済むので時間の節約になったりすることもありますしね。

食品の肉類は、国産とかアメリカ産が多いけど、魚は、外国産が多くてチリとかロシアとか鮭やサバなんかも外国産がおおいのですが、それは日本のスーパーとそんなに変わらないでしょう。

野菜類なんかは、ほぼ国産のものを買えますが、その時の状況で価格が違っていて、値段が変化しいているよね。

返品ができるのでそんなに変な物は売れないでしょう、大量に返品されたら大変です。

豚のヒレ肉、細切、、鶏の胸肉もから揚げにするとおいしくて、牛肉なんかは試食でも食べれたりするからね。

ただ、時々、高い値段のもの混ざっていて、近所のスーパーとかで調査をしておかないとうっかり高い買い物をさせられてしまうので注意したほうがいいですよね。

キノコとかピーマンとか果物も美味くて、地元で買うより安いのでわざわざ買いに行ったりすることもありますね。

コストコの廃棄率
あー、来週、町民館でやる寸劇の原稿考えてみたな。

コス夫: 「職場の同僚たちがさ、コストコにはまってるんだ。」

コス子: 「ふーん」

コス夫:「それでさ、俺もこないだ連れていってもらったんだけどさ、普段から見慣れないものがたくさんあって、楽しかったんだけど、こんなにたくさんは使いきれないし食べきれないなと思ったから、ほとんど買わなかったな。」

コス子: 「いろんな人とシェアしているような人も多いらしいね。」

コス夫:「それがさ、同僚なんかはほぼ毎週、コストコでこんなの買ったよとfacebookとかに投稿してるんだよね。大容量の油やら洗剤やらケーキやら、それ冷凍できないよね。」

コス子: 「まあ、コストコはテーマパーク的に楽しめるから、投稿しちゃうんじゃないかな。」

コス夫:「みんなコストコで買ったものを使いきっているのかな?普通のスーパーで買うものよりも、廃棄する比率が高いんじゃないかな。」

コス子: 「いや、コストコなら、だいたい買うものなんて決まっているから、使いきれないばら知り合いなんかにあげちゃうんじゃないのかな。」

コス夫:「まあ、洗剤なんかはコストコで買ってもいいんじゃないかな。でも調味料なんかは使いきれないから買わないよね。風味が落ちたら困るかしね。」

コス子: 「結論的には、商品にもよるかと思うけど、使い分けすれば廃棄しなくて済むんじゃないかな。」

今日はもう寝よう、、。

コストコブーム
先週、散歩してたら公園で少年がひとりブランコで遊んでいたかと思ったら、しゃがみこんでしまったので心配で話を聞いてみたのでした。

その少年の近所にコストコがあるのだけど最近は家族で全く行っていないということだった。

最近ではTVで放送されることも見なくなったのだけれど、それでも、近所のコストコは土日に渋滞していて地元ナンバーよりも他県のナンバーも多いというのです。

結局は、世間一般ではコストコブームのピークは去ったんじゃないかと思って落胆しているようでした。

うん、ブームは目立たないかもしれないけどコストコ好きな人は多いんじゃないかな。

私の知り合いにも、自転車で行ける距離のコストコに週に3回ぐらい行っていた人もいたし。

ただ、コストコという店は好き嫌いが分かれるんじゃないかな。

ぶっちゃけ、お店のサービスは良いとは言えないし、激安なわけでもなく、ただ海外の商品とかブランド品では掘り出し物なんかを見つけることもあるよね。

ほんとかどうかはわからないけど、パタゴニアのダウンの日本の定価が42000円のものが9800円で購入できたという人もいるようなのです。

だから、そんな掘り出し物に興味がない人なら、ほとんど価値が見出せないような店だと言われてもしょうがないのかな。

ただ、コストコは全国的に増えているから、ブームが去ったと捉えるのではなくて定着してきたと思うのが妥当な判断じゃないかな。
posted by 関心日記 at 00:00| Comment(0) | 日記